近藤クリニック

医療脱毛

痛みの少ない蓄熱式脱毛レーザー
「ヴィーナスヴェロシティ」
導入しました。

これまで、
痛みが強くて続けられなかった。
もともと地黒で施術が受けられなかった。
広範囲の施術を受けたが、時間がかかり過ぎた、というご経験はありませんか?

当院で導入している新しい蓄熱式脱毛レーザー、ヴェロシティ(イスラエル製)は、マイルドなレーザー光を高速に連続照射することで痛みを感じにくいと同時に毛包周囲までしっかり蓄熱でき脱毛作用が得られます。

ヴィーナスヴェロシティの3つの特徴

①痛みの少ないレーザー脱毛

メラニン色素に作用のある波長のレーザー光を、痛みの少ない強さでやさしく繰り返しお肌に当てていきます。
徐々に蓄熱されていくため痛みを感じにくく、お子さんや今まで痛みで続けられなかった方におすすめです。

②安全面と脱毛作用

レーザーのアプリケーター先端が5℃以下になっており肌にコンタクトさせながらレーザーを照射していくので火傷の心配がありません。
地黒や日焼け肌の方にも適しています。
また、同じ部位に5~6回レーザーが当たりますのでトータルの熱量は従来型の脱毛レーザーよりも大きくなり、脱毛の作用は問題ありません。

③高速脱毛

3.5センチ×2.0センチの大型のレーザー照射スポットを用いることで、広範囲の脱毛も大変スピーディーで、全身脱毛でも1時間以内に照射は終了です。

医療レーザー脱毛のメカニズム

毛のメラニンに吸収されやすい波長のレーザー光を使って、肌を冷却して保護しながら、毛根や毛包だけを熱破壊していきます。
毛には毛周期があり、また毛が生えていないとレーザーが反応しないため、一定期間を空けて繰り返しレーザーを照射する必要があります。毛は毛包周囲のバルジ領域と呼ばれる部位にある毛包幹細胞が深い部分に移動して発毛が繰り返されますので、バルジ領域にもしっかり熱を加えてダメージさせることが重要です。

医療レーザー脱毛の流れ

毛は剃った状態でレーザーを当てますので、前日の剃毛をお願いしています。
ご自身で剃れない部位や剃り残しがある場合は施術前に当院で剃毛いたします。

剃毛されているのを確認し、ハンドピースを滑らすためにジェルを塗ってから、早いスピードで繰り返しレーザーを当てていきます。
徐々に熱が上がっていき、部分的にチクチクと感じられるようになります。部位ごとに設定されたパルス数の照射が完了したら施術は終了となります。
照射後は患部の冷却を行います。

施術は1ヶ月半から2ヶ月の間隔を空けて繰り返し行います。おおむね5-6回の施術が必要です。
施術前後の強い日焼けは火傷を起こす原因となりますので控えてください。
また、タトゥーやホクロ、アザがある部位への照射は行いません。

エステ脱毛との違い

毛乳頭や皮脂腺開口部を熱破壊するレーザー脱毛や光脱毛は医療行為であると平成13年に厚生労働省から通知が出されており、エステで行われている永久脱毛は違法行為であり、安全とはいえません。当院で使用する脱毛レーザーはイスラエル製の医療機器で、アメリカ食品医薬品局(FDA)の販売許可も取得しています。

脱毛料金表(自費診療)

※税込み価格になります。

1回 3回 <学生価格>
① 顔全体(学・頬・鼻下、顎、顎下) ¥30,000 ¥76,500
(1回¥25,500)
¥24,000
② 腕全体(肘上・肘・肘下) ¥33,000 ¥84,150
(1回¥28,050)
¥26,400
③ 足全体(膝上・膝・膝下) ¥40,000 ¥102,000
(1回¥34,000)
¥32,000
④ VIO ¥28,000 ¥71,400
(1回¥23,800)
¥22,400
⑤ 脇 ¥10,000 ¥25,500
(1回¥8,500)
¥8,000円
⑥ 顔の一部・V・I・O ¥11,000 ¥28,050
(1回¥9,350)
¥8,800
⑦ 肘・膝・手指甲・足指甲 ¥8,000 ¥20,400
(1回¥6,800)
¥6,400
⑧ 首・うなじ・肘上・肘下・V・膝下 ¥15,000 ¥38,250
(1回¥12,750)
¥12,000
⑨ 膝上・腹部・背中・おしり ¥25,000 ¥63,750
(1回¥21,250)
¥20,000

※税込み価格になります。

毛には毛周期(毛が生えかわるサイクル)があり、脱毛ではその毛周期の成長期にある毛にレーザーを照射することで減毛(脱毛)の作用がみられます。
部位によって治療の間隔は違ってきますが、約1ヶ月半から2ヶ月毎に照射を繰り返していきます。平均で5回~10回、年齢や部位によっては10回以上かかることもあり個人差があります。
下記の注意や予想される合併症・効果についてよくお読みのうえ、治療を受けられるかどうかご自身でご判断ください。
傷やアザがある部位は、痛みを感じやすいため、照射は避けて行います。
白髪は脱毛できません。

毛周期とは、毛が生えてきて抜け落ちるまでの生え変わりのサイクル

毛周期のサイクル:体幹 8-10か月、顔4-6か月、わき 4-7か月、陰毛 8-10か月

治療が受けられない方、部位について

下記の病気や症状がある方、下記薬剤の使用中の方は治療を受けられません。
光過敏症(波長800nmの光に過敏)、単純ヘルペス1型・2型の活動病変、開放創や感染創、刺青・アートメークの部位、治療部位の癌、1ヶ月以内の強い日焼け、真皮性の色素斑の部位等

妊娠中の方は安全性が確立されていません。医師にご相談ください。

治療に注意が必要な方

下記の病気や症状がある方、下記薬剤を使用中の方は医師の判断によって治療が受けられない場合があります。
てんかん発作、ケロイド・瘢痕体質、免疫抑制剤、ステロイド製剤、全身状態不良、糖尿病等の慢性疾患、フィラー注入部位、黒子の部位、抗凝固剤・鉄剤、イチョウ等のサプリメント

治療後注意事項と自己ケアについて
  • 脱毛後は、毛孔周囲に赤み(軽度の熱による炎症)がおこる場合もあります。通常数時間~24時間以内に赤み・ヒリヒリ感は消失します。炎症が引かず、痒みや熱傷等の症状が出た場合はご来院ください。
  • 治療中または治療後1か月間は強い日焼けを避けるようにしてください。
  • 治療後は保湿剤や日焼け止め(SPF30以上)を使用してスキンケアを行ってください。
  • 照射後2週間程度は残存する毛もありますが、毛根がダメージを受けている為、自然に抜け落ちます。
副作用
  • 疼痛、発赤、浮腫/腫脹、熱傷、痂皮形成、水疱、一過性の炎症性色素沈着、色素脱失、軽度の瘢痕形成の報告があります。
推奨治療間隔

顔:1か月~1か月半
首から下:1か月半~2か月 間隔で治療を行います。

必ず、施術希望箇所の剃毛を無理のない範囲でお願い致します。
剃毛を忘れてしまった場合は別途料金がかかります。

Topへ戻る